弥生・3月「春一番」
 ~季節の彩~

こんにちは、日に日に暖かくなってきましたね、お元気ですか。
今日は「春一番」のお話です。

~「弥生

3月を「弥生・やよい」といいます。

「如月」の由来は、草木がいよいよ生い茂る月
「木草弥や生ひ月(きくさいやおひづき)」が詰まって
「やよひ」となったという説が有力です。

弥生(やよい)の他に、花月(かげつ)、嘉月(かげつ)、花見月 (はなみづき)
夢見月(ゆめみつき)、桜月(さくらづき)、暮春(ぼしゅん)等の別名もあります。

「3月」についてのWikipediaのリンクはこちらです。

~春一番~

春一番(はるいちばん)は、北日本(北海道・東北)と沖縄を除く地域で
立春から春分の間(2月から3月の半ば)に、その年に初めて吹く強い
南寄り(東南東から西南西)の風のことです。
春一番が吹いた日は、気温が上昇しますが、翌日には寒さが戻る
ことが多く、これを「寒の戻り」と言います。

~春一番の発生条件~

春一番の発生条件と認定基準は、地域・気象台により多少異なります。
おおむね、立春から春分までの間に、日本海を進む低気圧に向かって
南側の高気圧から10分間平均で風速8m/s以上の風が吹き込んで
前日に比べて気温が上昇することを発生条件としています。

ただし、「日本海を進む低気圧に向かって」という条件は比較的幅広く
解釈されることもあります。
たとえば、2006年3月6日には、北海道の北に低気圧があり、この低気圧に
向かって吹いた南寄りの強風が春一番と認定されました。

また、春一番は必ずしも毎年発生する訳ではなく、気象台の認定基準に
あてはまらず「春一番の観測なし」とされる年もあります。
春一番が観測された後に、同様の南風が複数回発生した場合には
俗に「春二番」「春三番」と呼ぶことがあります。

2013年2月2日には、南方の暖かい風が吹き込み全国的に気温が
上昇しましたが、立春の前であったために、「春一番」とはなりませんでした。

「春一番」についてのWikipediaのリンクはこちらです。

春一番

ご家族や、お友達と、ちよっと楽しい時間をすごしてみませんか。

如月・2月「バレンタインデー」
 ~季節の彩~

こんにちは、毎日寒いですね、お元気ですか。
今日は「バレンタインデー」のお話です。

~「如月

2月を「如月・きさらぎ」といいます。
「如月」は中国での二月の異称をそのまま使ったものです。

日本での「きさらぎ」という名前の由来は、
旧暦二月でもまだ寒さが残っているので衣(きぬ)を更に着る月である
から「衣更着(きさらぎ)」
草木の芽が張り出す月であるから「草木張月(くさきはりづき)」
前年旧暦八月に雁が来て、更に燕が来る頃であるから「来更来(きさらぎ)」
陽気が更に来る月であるから「気更来(きさらぎ)」
など諸説あります。

他に梅見月(むめみつき)、木目月(このめつき)等の別名もあります。

「2月」についてのWikipediaのリンクはこちらです。

~バレンタインデー~

聖バレンタインデー(セイントバレンタインデー、St.Valentine’s  Day)は
2月14日に祝われ、世界各地でカップルの愛の誓いの日とされています。
元々269年にローマ皇帝の迫害下で殉教した聖ウァレンティヌス(テルニの
バレンタイン)に由来する記念日だといわれています。

~バレンタインデーの起源~

バレンタインデーの起源は、ローマ帝国の時代にさかのぼるとされます。
当時、ローマでは、2月14日は女神・ユーノーの祝日で、翌2月15日は
豊年を祈願する(清めの祭りでもある)ルペルカリア祭の始まる日でした。
ユーノーはすべての神々の女王であり、家庭と結婚の神です。

当時若い男たちと女たちは生活が別でした。
祭りの前日、女たちは紙に名前を書いた札を桶の中に入れ、祭りの日に
男たちは桶から札を1枚ひいて、札の名の女と祭りの間パートナーとして
一緒にいることと定められていました。
そして多くのパートナーたちはそのまま恋に落ち、結婚しました。

ローマ帝国皇帝・クラウディウス2世は、愛する人を故郷に残した兵士は
士気が下がるという理由で、兵士たちの婚姻を禁止したと言われています。
キリスト教司祭だったウァレンティヌス(バレンタイン)は、婚姻を禁止され
嘆き悲しむ兵士たちを憐れみ、彼らのために内緒で結婚式を行って
いました。
この話が皇帝の耳に入り、怒った皇帝は二度とそのような行為をしないよう
ウァレンティヌスに命じましたが、彼は皇帝の命に従わず処刑されました。

彼の処刑の日は、ユーノーの祭日であり、ルペルカリア祭の前日である
2月14日があえて選ばれました
ウァレンティヌスはルペルカリア祭に捧げる生贄とされたのです。
このためキリスト教徒にとっても、この日は祭日となり、恋人たちの日と
なったと言われています。

初期ローマ教会は、当時の祭事から異教の要素を排除しようと努力
した跡がうかがえます。
ルペルカリア祭は排除すべきでしたが、ただ禁じても反発を招くだけ
なので、教会はこの祭りに何かキリスト教に由来する理由をつける
必要がありました
そこで兵士の結婚のために殉教したとされるバレンタイン司教の逸話を
利用したものと思われます。
こうしてキリスト教以前からあったルペルカリア祭は、バレンタイン由来の
祭りであると解釈を変更され、祭りはその後も続きました
くじ引きでパートナーを選ぶ話も、ローマの宗教行事は野蛮であるという
印象を与えるために初期キリスト教会によって創作されたものである
可能性があります。

~カトリック教会における祝日の扱い~

カトリック教会においては、第2バチカン公会議後の典礼改革で
史実の上で実在が明らかでない聖人たちが典礼暦から整理された際に
2月14日のウァレンティヌスの記念日が取り除かれたため、現在では
公式には祝日として祝われていないません

聖バレンタインに関する伝説は複数あり、ローマ殉教録によると
この日に同名の司教が殉教してますが、複数の伝説や奇跡などが重なり
細部が異なって伝えられているようです。

「バレンタインデー」についてのWikipediaのリンクはこちらです。

バレンタインデー

ご家族や、お友達と、ちよっと楽しい時間をすごしてみませんか。

O様邸新築工事~完成・お引渡し~

O様邸完成~お引渡しの日にちとなりました(^^)/
施主様ご夫婦にお越し頂き、
工事担当牛江、メーカー業者と共に設備機器の説明などをさせて頂きました。

14275

お引渡し書類と共に模型をプレゼント

24131

24130

自由に部屋内外を行き来できるようにペット用のドアをご選択されました。
ペットを飼われている方はお分かりになると思いますが、これとても便利です(^^)

20190109_190109_0004

20190109_190109_0015

20190109_190109_0007

20190109_190109_0003

20190109_190109_0001

20190109_190109_0002

リビングより愛車がみえる間取りになっています。
施主様にご協力頂き、駐車して頂きました(^^)/

20190109_190109_0023

8441

20181207_181207_0002

20190107_190107_0003

20181225 #1_181225_0001

20190109_190109_0011

近隣の方々、また工事にご協力頂きました方々へ御礼申し上げます。
O様、今後共末永いお付き合いの程よろしくお願い申し上げます(*^▽^*)
住宅

O様邸完成内覧会、ご来場御礼

1/20に亀山市にて開催されました
完成内覧会にご来場頂き誠にありがとうございました。
まだまだ寒さ厳しい中での、また遠方の中
たくさんのご来場者お越し頂き
スタッフ一同感激しております(*^▽^*)
施主様のご厚意に感謝致しますと共に
ご協力頂きました近隣の方々にも御礼申し上げます。

24297

24298

O様邸新築工事~設備据付・内装仕上げ~

O様邸、1月の完成に向けて工事が進んでおります(^^)
ご厚意により1月20日には完成内覧会開催が決定しました。

見どころたっぷりの「こだわり平屋」ぜひご覧になって頂きたいと思います。

足場も外され、外観がすっきりしました。

20181205 #1_181205_0003

20181227_181227_0002

キッチン・トイレなど設備器具も据え付けられました。

20181225 #1_181225_0005

20181225 #1_181225_0004

20181225 #1_181225_0003

20181225 #1_181225_0002

内装も仕上げの段階です
ハードな質感と重厚感あふれるデザインの壁紙です。
大人の空間を演出してくれますね
20181207_181207_0002

間もなく完成です(^^)/

謹賀新年

初春のお慶びを申し上げます
昨年中は格別のご高配を賜り厚く感謝申し上げます
本年も皆様にとっても素晴らしい一年でありますように
皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます
平成三十一年 元旦

伊藤建設株式会社
代表取締役 伊藤 雅人
osyougatu5y3

睦月・1月「初夢」
 ~季節の彩~

こんにちは、大晦日ですね、お元気ですか。
今日は「初夢」のお話です。

~「睦月

1月を「睦月・むつき」といいます。

睦月という名前の由来は、親族一同集って宴をする「睦び月(むつびつき)」
の意であるといわれています。
この他にも、「元つ月(もとつつき)」「萌月(もゆつき)」「生月(うむつき)」
「食物月(おしものづき)」「凋む月(しぼむつき)」「末つ月(すえつつき)」
など諸説あります。

「神楽月(かぐらづき)」、「子月(ねづき)」の別名もあります。

「1月」についてのWikipediaのリンクはこちらです。

~初夢~

新年のある夜に見る夢のことです。
字義どおりに新年最初に見る夢ではなく、元日(1月1日)から
2日の夜、または、2日から3日の夜に見る夢など諸説あります。
夢の内容で、その年の吉凶を占う風習があります。

文献での初出は、鎌倉時代の『山家集』で、このなかでは
暦上の新年とは無関係に、節分から立春の夜に見る夢を
初夢としています。

~良い初夢を見るために~

室町時代ごろから、良い夢を見るには「七福神の乗っている
宝船の絵」に回文の歌を書いたものを枕の下に入れて
眠ると良いとされています。

「なかきよのとおのねふりのみなめさめ
なみのりふねのおとのよきかな」
(長き夜の 遠の眠りの皆目覚め 波乗り船の
音の良きかな)

それでも悪い夢を見た時は、翌朝、宝船の絵を
川に流して縁起直しをしたそうです。

~良い夢のベスト3「一富士二鷹三茄子」~

初夢に見ると縁起が良いものを表すことわざに
「一富士二鷹三茄子(いちふじ にたか さんなすび)」
があります。

江戸時代の頃、最も古い富士講組織の一つがあった
「駒込富士神社」の周辺に「鷹匠屋敷(現、駒込病院)」があり
「駒込茄子」が名産でした。
このことから当時の縁起物として「駒込は一富士二鷹三茄子」
川柳に詠まれました。
それぞれの起源は次のような諸説があります。
徳川家縁の地、駿河国での高いものの順で富士山、愛鷹山
初物の茄子の値段。
富士山、鷹狩り、初物の茄子を徳川家康が好んだことから。
富士は日本一の山、鷹は賢くて強い鳥、茄子は事を「成す」
富士は「無事」、鷹は「高い」、茄子は事を「成す」という掛け言葉。
富士は曾我兄弟の仇討ち(富士山の裾野)
鷹は忠臣蔵(主君浅野家の紋所が鷹の羽)
茄子は鍵屋の辻の決闘(伊賀の名産品が茄子)

四以降については地域・文献などからいくつかありますが
「四扇五煙草六座頭(しおうぎごたばころくざとう)」
「一富士二鷹三茄子」と対応してます。
富士と扇は末広がりで子孫や商売などの繁栄
鷹と煙草の煙は上昇するので運気上昇
茄子と座頭は毛がないので「怪我ない」と洒落て家内安全
それぞれ願ったものです。

「初夢」についてのWikipediaのリンクはこちらです。

初夢

ご家族や、お友達と、ちよっと楽しい時間をすごしてみませんか。

年末年始休業のご案内

2018年もあとわずかとなりました。
本年も皆様に支えられ伊藤建設(株)は
無事1年を過ごす事が出来ました。
新たにスタート致しましたセレクト住宅ADM松阪
セミナーには沢山のご来場ありがとうございました。
新たな出会いに深く感謝申し上げます。

年末年始営業のご案内です。
✿12/30~1/6まで休業とさせて頂きます。
✿1/7より~通常営業となります。
ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご了承願います。
皆さま、お体に気をつけ良いお年をお過ごし下さい。
newyear_flower_08

T様邸 外構完成~お引渡し~

本体工事が完成しておりましたT様邸、外構も完成となり
ご家族様お揃いで引き渡しをさせて頂きました

恒例のテープカット(*^▽^*)
20181223 #1_181225_0009

玄関ポーチ前に記念となるご家族様の手型をとらせて頂きました。
ちっちゃな手型がこれからの成長を物語っています。
これから新しいお家で、ご家族様たくさんの想い出を
つくって頂きたいと思います。

20181223 #1_181225_001620181223 #1_181225_0011

緑がとてもきれいです。
人工芝のメリットといえばやはりメンテナンスの短縮です。
芝刈り・雑草が生えてくることも無く、手入れが比較的簡単です。
外観上も柔らかいイメージになりました。

20181223 #1_181225_0006

20181223 #1_181225_0005

完成に至るまで近隣の方々、また工事にご協力くださいました方々に御礼申しあげます。
T様、今後共末長いお付き合いの程、よろしくお願い致します。

師走・12月「冬至」
 ~季節の彩~

こんにちは、今年もあと1カ月ですね、お元気ですか。
今日は「冬至」のお話です。

~「師走

12月を「師走」、「師馳」(しわす・しはす)または「極月」
(きわまりづき・ごくげつ・ごくづき)と言います。

「しはす」の語源は、古いことなので伝わっていません。
よく言われている、僧侶(師は、僧侶の意)が仏事で走り回る忙しさ
からという説は、平安時代に考えられた俗説で、当時でも、すでに
語源は分からなくなっていたようです。

「師走」についてのWikipediaのリンクは、こちらです。

~「冬至

「冬至(とうじ)」は、北半球で、昼(日の出から日没まで)の時間が
一年で一番短い日のことで、今でもいろいろな風習が残っています。

「冬至風呂・柚子湯(ゆずゆ)」
この日は冬至風呂と言って「柚子湯」に入ります。
これが流行し始めたのは江戸の銭湯からです。

「冬至粥」
冬至の日の朝に食べる小豆粥「冬至粥」と言い
疫病にかからないて言われています。

「と」の付く食べ物 「とうなす(かぼちゃ)」を食べる
冬至の「と」に因んで、豆腐・唐辛子・ドジョウなどを
食べたようですが、現在でも「とうなす・かほちゃ」
煮物を食べる風習が広く残っています。
冬至にカボチャを食べると中風にならず、長生きすると
言われています。

「コンニャク」
「体の砂払い」と言って、体内の悪いものを掃除すると
言われています。
冬至・柚子湯

~天文学的な冬至~

太陽が一年かけて地球を廻る道を
「黄道(こうどう・おうどう)」
と言います。
地球上の赤道を天空に伸ばしたものを
「天の赤道(てんのせきどう)」と言い
地球の地軸は黄道に対して約23度26分
(黄道傾斜角)傾いていますから、この軌道は
2点で交差し、これを(分点)と言います

「黄道」が「天の赤道」に南から北へ交わる方を
「春分点」と言います。
この点を黄経0度として、天の北極からみて
左回りに黄経90度にる瞬間を「夏至」として
その日を「夏至日」と言い、もう一つの交点
(黄経180度)を「秋分点」と言います。
さらに進んで、黄経270度になる瞬間を「冬至」として
その日を「冬至日」と言います。 
ちなみに月の通り道「白道・はくどう」は黄道よりさらに
5度8分7秒傾いています。

「冬至」についてのWikipediaのリンクは、こちらです。

軌道図

ご家族や、お友達と、ちよっと楽しい時間をすごしてみませんか。