霜月・11月「七五三」
 ~季節の彩~

こんにちは、もう冬ですね、お元気ですか。
今日は「七五三」のお話です。

~「霜月

11月を「霜月・しもつき」といいます。
11月に霜が降りはじめる頃の月ですから、「霜月」ですね。
他には、「食物月(おしものづき)」の略とする説や
「凋む月(しぼむつき)」「末つ月(すえつつき)」が訛ったもの
とする説もあります。
「神楽月(かぐらづき)」、「子月(ねづき)」の別名もあります。

~七五三~

11月15日に、子供の成長を祝って神社・寺などに詣でる
年中行事です。
現在では、全国で盛んに行われていますが、元々は関東圏
地方風俗
でしたが、やがて京都、大阪でも行われる
ようになり、徐々に全国に広まりました。

現在は「七五三」という名称から、その年齢に行う同じ行事の
ように捉えられていますが、元々は、それぞれの年齢で行う
別々の異なった行事です。
3つの子供の行事を、「七五三」と呼んだため、本来の神事の
内容が薄れて、同じ行事のように思われていますが、現在でも
地方によって年齢や祝う内容が違います

発祥とされる関東地方では、次のような内容です。
1.数え年3歳(満年齢2歳になる年)を「髪置きの儀」として
主に女児が行う。(男児が行う例もある)
江戸時代は、3歳までは髪を剃る習慣があったため、それを
終了する儀。
2.数え年5歳(満年齢4歳になる年)を「袴儀」とし、男児が行う。
男子が袴を着用し始める儀。
3.数え年7歳(満年齢6歳になる年)を「帯解きの儀」として
女児が行う。女子が幅の広い大人と同じ帯を結び始める儀。

上方発祥の習俗としては十三詣りがあり、これも徐々に全国に
広がりつつあります。

変わった所では、福岡県で4~5歳で「ひもとき」
7歳で「へこかき」(少年)/「ゆもじかき」(少女)
(いずれもふんどしや湯文字といった成人仕様の下着を
初めて身につける)を行う地区があります。

3歳=言葉、5歳=知恵、7歳=歯を神から授かることを感謝し
また、3歳、5歳、7歳は子供の厄の一種でもあるという考えが
出雲地方にみられます。

七五三

ご家族や、お友達と、ちよっと楽しい時間をすごしてみませんか。

完成見学ご来場御礼(*^▽^*)

10月20日、21日に津市にて行われました
完成見学会にご来場頂いたお客様
誠にありがとうございました。

注文住宅・また弊社で行っていますセレクト住宅に
ご興味がおありのお客様・また近辺のご近所様が
どんなお家なの?とお越し頂きました☺

お越し頂いた皆様からも施主様お気に入りの高台からの眺めに
感嘆の声が聞こえてきました。
夕日がとても美しく、見晴らしのよい景色です。
写真が無くて残念です・・・

完成見学会_181023_0005

完成見学会_181023_0007

完成見学会_181023_0003

完成見学会_181023_0004_0

ご来場者方、並びに近隣方々とても楽しい2日間をすこさせて頂き、またご厚意頂ました施主様にも感謝申し上げます。 :-)

お家カフェにて(*^▽^*)

毎週土曜に行うお家カフェにてお客様とお話をさせて頂きました(^^♪
パンフレット等資料用意してございます。
15780

まずはお客様のお話をお聞きし、ご要望に沿ったPLANを
ご紹介・提案致します。
15786

15781
ショールームには関連資料・実際に使用される資材などを
展示してありますので実際に目にして頂くことで
色や質感など体感して頂く事がでます。

15785
毎週土曜日、またはご希望の日にてお家カフェを行っております。
どうぞ、ご気軽にご相談・ご来場ください♪
お問合せ・ご予約はこちらからどうぞ

神無月・10月「神嘗祭」
 ~季節の彩~

こんにちは、いっきに季節が変わって体が付いて行けません、お元気ですか。
今日は「神嘗祭」のお話です。

~「神無月

10月を「神無月・かんなづき」といいます。
10月に神様が出雲に集まって会議をするから、地方には神様が居なくなる。
だから、「神無月」だと言われていますね。

出雲では10月は「神在月・かみありづき」と言います。
そして、諏訪など幾つかの地方でも「神在月」と言うそうです。
諏訪の神様は超巨大で、出雲に集まった神様たちから
「貴方は移動が大変だろうから来なくてOK」と言われたとか。
神様が不在にならない地域には、それぞれの伝承がありますから
調べてみると楽しいかもしれません。
また、地方に神様が不在だと何かと不便ですから、お留守番の
「留守神」が居るという説も有るそうです。

辞書で調べると、「神無月」の語源はわからないそうです。
有力な説として、神無月の「無・な」が「の」にあたる連体助詞「な」で
「神の月」だと言われています。
6月の「水無月」「水の月」で同じてす。

~神嘗祭~

神嘗祭(かんなめさい・かんなめのまつり・かんにえのまつり)は
宮中祭祀のひとつで大祭です。
五穀豊穣の感謝祭で、10月15日に宮中および伊勢神宮
儀式が行われます。
「神嘗」は「神の饗(あえ)」が変化したものと言われ、「饗え」は
食べ物でもてなす意味です。
また、饗は新殻を意味する贄(にえ)が転じたとする説もあります。

神宮では、神嘗祭のときに御装束・祭器具を一新するので
「神宮の正月」とも言われています。
「式年遷宮」は、大規模な神嘗祭とも言われ、式年遷宮後の
最初の神嘗祭を「大神嘗祭」とも言います。
伊勢では、この祭りを「おおまつり」と呼び奉祝の行事を行います。
神宮の神職や神領民はこの祭りが終わるまで新穀を口にしない
そうです。

神宮(伊勢神宮)の神嘗祭のページのリンクはこちらです。

神宮(伊勢神宮)のページのリンクはこちらです。

伊勢神宮2

ご家族や、お友達と、ちよっと楽しい時間をすごしてみませんか。

T様邸新築工事~外壁工事~

T様邸、今日は外壁工事の様子をご案内させて頂きます。
施主様がご希望された黒のシンプルな外観です。
シンプルかつスタイリッシュな外観で、
大人っぽさ、重厚感、高級感が感じられます。

c9a2a7bc4e790fde7d85c8ab864801529_20561306_180825_0003

c9a2a7bc4e790fde7d85c8ab864801529_20668999_180831_0001

c9a2a7bc4e790fde7d85c8ab864801529_20668999_180831_0003

足場が取れ、見た目もスッキリしました。
一層黒のクール感が感じられ、カッコイイ仕上がりです(*´▽`*)

5469

5412

現場担当の牛江です。
いつも穏やかでお客様の為に丁寧に工事を進めます。
10月の完成に向けて内装工事、電気工事なども始まります。
完成が近づいてきました
180906_0006

小さな小さなお客様

新築工事が進行中の施主様と打合せさせて頂きました。
10756

小さなかわいいお客様もご一緒です✨
アンパンマンのスリッパがお気に入りです(^^♪
10754

10753
クロスのサンプルカタログを見ながら打合せを進めます。
たくさんあるから、迷ってしまいますよね
お気持ちよ~くわかります!!

その間に一緒にお店屋さんごっこ。
伊藤建設に通って頂けるようになってから早数か月・・・
お店屋さんごっこのレベルがぐんぐん上がっており、
お子様の成長の早さに驚くと共に次回の打合せが楽しみです(*‘∀‘)
10755

事例紹介
 外壁のリフォーム
 ~素敵にリフォーム~

こんにちは、お元気ですか?
今日は、素敵なリフォームの事例を紹介します。

こちらの外壁のリフォームをします。

5355

IMG_1492

こんなに綺麗な外壁になりました。

6248

あなたのお家の外壁もリフォームしませんか。

まずはお気軽にご相談ください。
あなたのお家の素敵な改装を、私たち伊藤建設がお手伝いできれば幸せです。

長月・9月「お月見」
 ~季節の彩~

こんにちは、今年の夏休みは2日間の延長戦でしょうか、お元気ですか。
今日は「お月見」のお話です。

~「長月

旧暦の「長月」は、現在の10月上旬から11月下旬です。
秋真っ盛りから冬に向かう頃ですね。
「長月」の「長」には、どんな意味があるんでしょうか?

1つ目は、「雨」です。
旧暦9月は雨が多く降る時期に当たりますから
「長い雨の月」、「長雨月」が転じて、「長月」となったとする説です。

2つ目は、「稲刈り」です。
稲刈りをする月ですから、「稲刈月(いねかりづき)」が「ねかづき」となり
さらに転じて「長月」となったとする説です。

3つ目が、「夜」です。
本格的な冬に近づいて、夜がだんだん長くなる様子を「夜長月」と言い
夜が抜けて「長月」となったとする説です。

~「お月見」~

旧暦の8月は、最も空が澄んで月が明るく美しいとされています。
平安時代から「観月の宴」が開催され、江戸時代からは「収穫祭」として
広く親しまれました。

十五夜は旧暦の8月15日のことで、現在の暦では、9月中旬~
10月上旬の間で変動します。
今年、2018年は9月24日です。

 十五夜(旧暦の8月15日)は満月だと思っていませんか?

実は1~2日ずれることがよくあります。
これは月と地球の公転軌道の関係で、新月から満月までの日数が
14日間~16日間と差があるからです。
十五夜が満月にあたるとは限りませんが、十五夜にお月見をするのが
習慣になっています。

お月見

 ご家族や、お友達と、ちよっと楽しい時間をすごしてみませんか。

防災の日
~防災メモ~

こんにちは、「猛烈な台風」が接近しています、情報を集めて備えて下さい。
明日9月1日は、「防災の日」です。

~防災の日・防災週間~

9月1日は「防災の日」です。
この日は、「台風、高潮、津波、地震等の災害についての認識を深め
これに対処する心構えを準備する日」として制定されました。

この日付は、関東大震災が発生した1923年(大正12年)9月1日に
ちなんだもです。
例年8月31日 – 9月1日は、台風の襲来が多いとされる「二百十日」に
あたり、「災害への備を怠らないように」との思いも込められています。

また、「防災の日」を含む1週間を「防災週間」(今年は8月30日・木~
9月5日・水)として、さまざまな活動が行われます。

気象庁トップページへのリンクはこちらです。

「災害時にはラジオで情報収集~防災メモ~」は、こちらにリンクしています。

「お洒落な懐中電灯を枕元に~防災メモ~」は、こちらにリンクしています。

非常食を日常的に食べる~防災メモ~は、こちらにリンクしています。

気象庁「台風21号」のリンクは、こちらです。

台風21号

防災は「日常に一工夫」してみませんか。

「家を選ぶ」もうひとつの選択肢

建売じゃないもう一つの選択肢

注文住宅では高すぎる・・・
デザイナー設計のおしゃれな家に住みたい!などなど・・・
自分のこだわりにあった家づくり、一緒に始めませんか(^^♪

毎週土曜日、お家カフェにてご相談にお答えいたします。
予算・土地選び、家づくりに関してお気軽にご相談ください。
お手伝いさせて頂きます。
※ご予約制:0598-52-6670まで

doc07348720180827111228_001