もしかして「雨漏り」していませんか?
 ~素敵にリフォーム~

こんにちは、もうすぐ梅雨ですね、お元気ですか。
今日は「雨漏りの診断と修繕」のお話です。

~「雨漏り」していませんか?~

ポタポタと天井から水が落ちてくる。
天井や壁にシミができる。
こんな雨漏りなら見つけやすく、急いで対策や修繕ができますが
隠れた部分で雨漏りが発生していると、気付くのが遅れて被害が
大きくなってしまいます。

どこかでポタポタと水滴がしたたる音がしていないか
押し入れなど普段見ない部分の天井や壁に染みが出来ていないか
雨の後で室内がカビ臭くなっていないか
注意して観察すると意外なところで、雨漏りが見つかるかもしれません。

雨漏りは建物の内部を湿らせます。
放置すると建物に深刻なダメージを与え、劣化を早めますから
一刻も早い診断と修繕が必要です。

~どこで雨漏りするのか~

台風や強風、地震などで屋根瓦がずれたり、屋根の「棟」、
屋根同士が交わる「谷」の部分など雨漏りが起こりやすい部分です。
詰ったり壊れた「雨どい」から雨水が溢れて壁に染み込んだり
傷んだ外壁や窓周り、ベランダの破損や劣化などが原因になる
こともあります。
複雑な経路をたどって室内に現れる場合には、雨漏りしている場所の
真上が原因箇所とは限りませんし、複数箇所で同時に漏っていることも
あります。

~信頼出来る業者に依頼しましょう~

いろいろな原因で起こる雨漏りを素人が見つけるのは難しいのです。
そこで、診断を信頼出来るプロに依頼することをお勧めします。

雨漏りの診断で一般的に用いられる方法は「散水調査」です。
外からホースで水をかけて目視で調べます。
また、温度変化が見えるカメラで壁や天井を撮影して色の変化で
雨漏りしている場所を特定する「赤外線診断」もあります。

雨漏り

まずはお気軽にご相談下さい。
あなたの素敵なお家造りを、私たち伊藤建設がお手伝いできれば幸せです。

「令和」始動!!&GW休日ご案内

いよいよ本日より新年号「令和」がスタートしました!!
伊藤建設㈱は大正3年に伊藤組として創業し、おかげさまで
創業105周年を迎えました。
これも皆様の温かいご支援の賜と深く感謝申し上げると共に
新しい時代も今後一層精進致します。
今後共伊藤建設㈱をよろしくお願い致します。
さてGWは3日~6日のお休みを頂いております。
ご不便をおかけしますが、よろしくお願い致します。
20190404_122541

伊勢神宮参拝に行きました(*^▽^*)

平成も残りわずか・・・
もうすぐ新しい時代「令和」が始まりますね(^^)

平成に感謝の表意として
伊藤建設㈱社員一同、恒例の伊勢神宮参拝に行きました。
伊勢神宮参拝_190419_0024

日頃の行い?なのか、とても良いお天気で汗ばむほどでした(^^;
内宮入口にて平成への感謝の表意として記帳場が設置されており、記帳者には勾玉が頂けました。
手作りのため、ひとつひとつ色・大きさ・形も微妙に違っていました。とっても貴重です!

伊勢神宮参拝_190419_0015

20190419_145337

参拝後にはみんなでランチ(*^▽^*)
とてもボリュームのあるエビフライ

20190420_190420_0004

20190420_190420_0007

「令和」と共に伊藤建設㈱も今後成長し続ける会社として
今後一層努力する所存でございます。
今後共、よろしくお願い申し上げます。

S様邸外壁塗装他工事

昨年はお客様からとても台風被害のご依頼が多くとても大変な年でした(^^;
今回はS様邸台風被害修繕及び、外壁塗装のご依頼を頂きました。
いつもありがとうございます。

仮設および足場組を行います。

養生シートには弊社のイメージシートをかけさせて頂きました(^^)/

9508

20190304_190304_0001

20190313_190313_0003

20190322_190322_0003

20190313_190313_0002

20190308_190308_0005

20190304_190304_0002

洗浄及び劣化箇所を除去、新たにコーキング打ちを行い浸水を防ぎます。

20190314_190314_0001

今回は外壁全面塗装を行い、屋根も塗装させて頂きました(*^▽^*)

20190326 #3_190326_0003

 

20190322_190322_0011

20190326 #3_190326_0001

ウッドデッキも以前修繕させて頂き、塗装も新たに行った事でより一層雰囲気のある素敵な外観になりました。
20190326 #3_190326_0002

s様いつもありがとうございます。
今後も末永いお付き合いの程、よろしくお願い申し上げます(*^▽^*)

O様邸新築工事~完成・お引渡し~

O様邸完成~お引渡しの日にちとなりました(^^)/
施主様ご夫婦にお越し頂き、
工事担当牛江、メーカー業者と共に設備機器の説明などをさせて頂きました。

14275

お引渡し書類と共に模型をプレゼント

24131

24130

自由に部屋内外を行き来できるようにペット用のドアをご選択されました。
ペットを飼われている方はお分かりになると思いますが、これとても便利です(^^)

20190109_190109_0004

20190109_190109_0015

20190109_190109_0007

20190109_190109_0003

20190109_190109_0001

20190109_190109_0002

リビングより愛車がみえる間取りになっています。
施主様にご協力頂き、駐車して頂きました(^^)/

20190109_190109_0023

8441

20181207_181207_0002

20190107_190107_0003

20181225 #1_181225_0001

20190109_190109_0011

近隣の方々、また工事にご協力頂きました方々へ御礼申し上げます。
O様、今後共末永いお付き合いの程よろしくお願い申し上げます(*^▽^*)
住宅

卯月・4月「花まつり・灌仏会」
 ~季節の彩~

こんにちは、まだまだ花冷えに注意です、お元気ですか。
今日は「花まつり・灌仏会」のお話です。

~「卯月

4月を「卯月・うづき」といいます。

卯月の由来は、「卯の花」が咲く月「卯の花月(うのはなづき)」を略したものが
定説となっていますが、「卯の花」は卯月に咲く花だから「卯の花」と呼ぶとする
説もあります。
「卵が先か、鶏が先か」、みたいなお話ですね。

「卯の花月」以外の説には、
十二支の4番目が卯なので「卯月」とする説や、
稲の苗を植える月なので「種月(うづき)」「植月(うゑつき)」
「田植苗月(たうなへづき)」「苗植月(なへうゑづき)」などの説があります。
「夏初月(なつはづき)」の別名もあります。

「4月」についてのwikipediaのリンクはこちらです。

~「花まつり・灌仏会」~

灌仏会(かんぶつえ)は、お釈迦様の誕生(旧暦4月8日)を祝う
仏教行事で、多くのお寺で毎年4月8日に行われます。
降誕会(ごうたんえ)、仏生会(ぶっしょうえ)、浴仏会(よくぶつえ)
龍華会(りゅうげえ)、花会式(はなえしき)の別名がありますが、
花祭(はなまつり)と呼ばれることが多いようです。

~「灌仏会法要」~

灌仏会で行う法要で、様々な草花で飾った花御堂の中に
甘茶(あまちゃ)を満たした灌仏桶を置き、その中央に安置した
「誕生仏像」に柄杓(ひしゃく)で甘茶を掛けて誕生を
祝います。

これは、お釈迦様に産湯を使わせるために、9つの竜が
天から清浄の水を注いだとの伝説に由来しています。
お釈迦様を本仏としない日蓮正宗等を除く大多数の寺院で
行われ、参拝者にも甘茶がふるまわれます
甘茶で習字すれば上達するとの願掛けや、害虫除けの
まじない作り
なども行われます。

~「お釈迦にした」=「壊した」~

取り扱いを間違えて物事を壊したりする様を、「お釈迦」と表現します。
炙り過ぎで鈍った金物を「火が強かった=しがつよかった」
「四月八日だ=しがつようかだ」
「釈迦の誕生日=しゃかのたんじょうび」
と江戸言葉で訛らせた江戸鍛冶職人の隠語
が元だという説があります。

~花まつり~

4月8日頃は、関東地方より西では「桜」が満開になる時期になります。
これにちなんで、浄土真宗の僧侶「安藤嶺丸」が「灌仏会」を「花まつり」
呼ぶことを提唱して、宗派を問わず「花まつり」の呼び名が一般化しました。

寺院が経営する幼稚園や保育園の園児には甘茶を頂く日として馴染まれ
着飾った園児が「稚児行列」をする姿が見られます。

「灌仏会・花まつり」についてのwikipediaのリンクはこちらです。

全日本仏教会の「花まつり」のリンクはこちらです。

花まつり

ご家族や、お友達と、ちよっと楽しい時間をすごしてみませんか。

弥生・3月「春一番」
 ~季節の彩~

こんにちは、日に日に暖かくなってきましたね、お元気ですか。
今日は「春一番」のお話です。

~「弥生

3月を「弥生・やよい」といいます。

「如月」の由来は、草木がいよいよ生い茂る月
「木草弥や生ひ月(きくさいやおひづき)」が詰まって
「やよひ」となったという説が有力です。

弥生(やよい)の他に、花月(かげつ)、嘉月(かげつ)、花見月 (はなみづき)
夢見月(ゆめみつき)、桜月(さくらづき)、暮春(ぼしゅん)等の別名もあります。

「3月」についてのWikipediaのリンクはこちらです。

~春一番~

春一番(はるいちばん)は、北日本(北海道・東北)と沖縄を除く地域で
立春から春分の間(2月から3月の半ば)に、その年に初めて吹く強い
南寄り(東南東から西南西)の風のことです。
春一番が吹いた日は、気温が上昇しますが、翌日には寒さが戻る
ことが多く、これを「寒の戻り」と言います。

~春一番の発生条件~

春一番の発生条件と認定基準は、地域・気象台により多少異なります。
おおむね、立春から春分までの間に、日本海を進む低気圧に向かって
南側の高気圧から10分間平均で風速8m/s以上の風が吹き込んで
前日に比べて気温が上昇することを発生条件としています。

ただし、「日本海を進む低気圧に向かって」という条件は比較的幅広く
解釈されることもあります。
たとえば、2006年3月6日には、北海道の北に低気圧があり、この低気圧に
向かって吹いた南寄りの強風が春一番と認定されました。

また、春一番は必ずしも毎年発生する訳ではなく、気象台の認定基準に
あてはまらず「春一番の観測なし」とされる年もあります。
春一番が観測された後に、同様の南風が複数回発生した場合には
俗に「春二番」「春三番」と呼ぶことがあります。

2013年2月2日には、南方の暖かい風が吹き込み全国的に気温が
上昇しましたが、立春の前であったために、「春一番」とはなりませんでした。

「春一番」についてのWikipediaのリンクはこちらです。

春一番

ご家族や、お友達と、ちよっと楽しい時間をすごしてみませんか。

如月・2月「バレンタインデー」
 ~季節の彩~

こんにちは、毎日寒いですね、お元気ですか。
今日は「バレンタインデー」のお話です。

~「如月

2月を「如月・きさらぎ」といいます。
「如月」は中国での二月の異称をそのまま使ったものです。

日本での「きさらぎ」という名前の由来は、
旧暦二月でもまだ寒さが残っているので衣(きぬ)を更に着る月である
から「衣更着(きさらぎ)」
草木の芽が張り出す月であるから「草木張月(くさきはりづき)」
前年旧暦八月に雁が来て、更に燕が来る頃であるから「来更来(きさらぎ)」
陽気が更に来る月であるから「気更来(きさらぎ)」
など諸説あります。

他に梅見月(むめみつき)、木目月(このめつき)等の別名もあります。

「2月」についてのWikipediaのリンクはこちらです。

~バレンタインデー~

聖バレンタインデー(セイントバレンタインデー、St.Valentine’s  Day)は
2月14日に祝われ、世界各地でカップルの愛の誓いの日とされています。
元々269年にローマ皇帝の迫害下で殉教した聖ウァレンティヌス(テルニの
バレンタイン)に由来する記念日だといわれています。

~バレンタインデーの起源~

バレンタインデーの起源は、ローマ帝国の時代にさかのぼるとされます。
当時、ローマでは、2月14日は女神・ユーノーの祝日で、翌2月15日は
豊年を祈願する(清めの祭りでもある)ルペルカリア祭の始まる日でした。
ユーノーはすべての神々の女王であり、家庭と結婚の神です。

当時若い男たちと女たちは生活が別でした。
祭りの前日、女たちは紙に名前を書いた札を桶の中に入れ、祭りの日に
男たちは桶から札を1枚ひいて、札の名の女と祭りの間パートナーとして
一緒にいることと定められていました。
そして多くのパートナーたちはそのまま恋に落ち、結婚しました。

ローマ帝国皇帝・クラウディウス2世は、愛する人を故郷に残した兵士は
士気が下がるという理由で、兵士たちの婚姻を禁止したと言われています。
キリスト教司祭だったウァレンティヌス(バレンタイン)は、婚姻を禁止され
嘆き悲しむ兵士たちを憐れみ、彼らのために内緒で結婚式を行って
いました。
この話が皇帝の耳に入り、怒った皇帝は二度とそのような行為をしないよう
ウァレンティヌスに命じましたが、彼は皇帝の命に従わず処刑されました。

彼の処刑の日は、ユーノーの祭日であり、ルペルカリア祭の前日である
2月14日があえて選ばれました
ウァレンティヌスはルペルカリア祭に捧げる生贄とされたのです。
このためキリスト教徒にとっても、この日は祭日となり、恋人たちの日と
なったと言われています。

初期ローマ教会は、当時の祭事から異教の要素を排除しようと努力
した跡がうかがえます。
ルペルカリア祭は排除すべきでしたが、ただ禁じても反発を招くだけ
なので、教会はこの祭りに何かキリスト教に由来する理由をつける
必要がありました
そこで兵士の結婚のために殉教したとされるバレンタイン司教の逸話を
利用したものと思われます。
こうしてキリスト教以前からあったルペルカリア祭は、バレンタイン由来の
祭りであると解釈を変更され、祭りはその後も続きました
くじ引きでパートナーを選ぶ話も、ローマの宗教行事は野蛮であるという
印象を与えるために初期キリスト教会によって創作されたものである
可能性があります。

~カトリック教会における祝日の扱い~

カトリック教会においては、第2バチカン公会議後の典礼改革で
史実の上で実在が明らかでない聖人たちが典礼暦から整理された際に
2月14日のウァレンティヌスの記念日が取り除かれたため、現在では
公式には祝日として祝われていないません

聖バレンタインに関する伝説は複数あり、ローマ殉教録によると
この日に同名の司教が殉教してますが、複数の伝説や奇跡などが重なり
細部が異なって伝えられているようです。

「バレンタインデー」についてのWikipediaのリンクはこちらです。

バレンタインデー

ご家族や、お友達と、ちよっと楽しい時間をすごしてみませんか。

O様邸完成内覧会、ご来場御礼

1/20に亀山市にて開催されました
完成内覧会にご来場頂き誠にありがとうございました。
まだまだ寒さ厳しい中での、また遠方の中
たくさんのご来場者お越し頂き
スタッフ一同感激しております(*^▽^*)
施主様のご厚意に感謝致しますと共に
ご協力頂きました近隣の方々にも御礼申し上げます。

24297

24298

O様邸新築工事~設備据付・内装仕上げ~

O様邸、1月の完成に向けて工事が進んでおります(^^)
ご厚意により1月20日には完成内覧会開催が決定しました。

見どころたっぷりの「こだわり平屋」ぜひご覧になって頂きたいと思います。

足場も外され、外観がすっきりしました。

20181205 #1_181205_0003

20181227_181227_0002

キッチン・トイレなど設備器具も据え付けられました。

20181225 #1_181225_0005

20181225 #1_181225_0004

20181225 #1_181225_0003

20181225 #1_181225_0002

内装も仕上げの段階です
ハードな質感と重厚感あふれるデザインの壁紙です。
大人の空間を演出してくれますね
20181207_181207_0002

間もなく完成です(^^)/