水無月・6月「梅雨」
 ~季節の彩~

こんにちは、令和になって1カ月になりますね、お元気ですか。
今日は「梅雨」のお話です。

~「水無月

水無月の「無」は「の」を意味する連体助詞「な」で、「水の月」であるとする説が有力です。
水が無いという意味ではないようですから「梅雨」の季節にはぴったりですね。
田植えが終わり、田んぼに水を張る必要のある月なので「水張月(みづはりづき)」
「水月(みなづき)」と言う説もあります。
よく言われる、「梅雨が明けて水が涸れてなくなる月」は、間違っているようです。

6月は「祝日」が無い唯一の月です。
ちょっと寂しいですね。

「6月水無月」についてのWikipediaのリンクは、こちらです。

~「梅雨

5月から7月にかけての「曇りや雨の多い期間」のことで、東アジアの広範囲でみられる特有の気象現象で「雨季の一種」です。
東アジアでは春夏秋冬に梅雨を加えた「五季」、日本に限るとさらに「秋雨」を加えた「六季」の変化がはっきりと表れます。

梅雨が始まることを「梅雨入り」「入梅(にゅうばい)」と呼び、この日で春の終わり、夏の始まり(初夏)とされます。
日本の雑節の1つに入梅(6月11日頃)があり、暦の上ではこの日を入梅として、水を必要とする田植えの時期の目安とされていますが、三重県地方では5月の初め頃には田植えを終えた水田が見られます。

梅雨が終わることを「梅雨明け」「出梅(しゅつばい)」といい、この日から本格的な夏(盛夏)の到来となります。

「梅雨」についてのWikipediaのリンクは、こちらです。

梅雨

~天文学的な夏至~

太陽が一年かけて地球を廻る道を
「黄道(こうどう・おうどう)」
と言います。
地球上の赤道を天空に伸ばしたものを
「天の赤道(てんのせきどう)」と言い
地球の地軸は黄道に対して約23度26分
(黄道傾斜角)傾いていますから、この軌道は
2点で交差し、これを(分点)と言います

「黄道」が「天の赤道」に南から北へ交わる方を
「春分点」と言います。
この点を黄経0度として、天の北極からみて
左回りに黄経90度にる瞬間を「夏至」として
その日を「夏至日」と言い、もう一つの交点
(黄経180度)を「秋分点」と言います。
さらに進んで、黄経270度になる瞬間を「冬至」として
その日を「冬至日」と言います。 
ちなみに月の通り道「白道・はくどう」は黄道よりさらに
5度8分7秒傾いています。

「夏至」についてのWikipediaのリンクは、こちらです。

軌道図

ご家族や、お友達と、ちよっと楽しい時間をすごしてみませんか。

夏でも快適な「IHコンロ」はいかが?
 ~素敵にリフォーム~

こんにちは、暑い夏がやって来ますね、お元気ですか。
今日は「IHコンロ」のお話です。

~「IHコンロ」なら安全で快適~

調理をする方なら共感して頂けると思いますが、
夏のキッチンのガスコンロ周りの暑さは「健康被害」レベルです。
ガスなどの炎で鍋やフライパンを熱して調理するのですから
当然、その周りの気温が(私には)耐えられない程に上昇して
倒れてしまいそうになります。
また、炎ですからコンロ周りに、うっかり燃えるものを近づけると
引火して火災の原因になりますし、服の袖口などに引火したら
大変なことになります。
ガスの消し忘れによる火災も心配です。

IHコンロ(電磁調理機)は熱源を持たず、電流で鍋などを直接
加熱しますから、ガスなどに比べて周囲が暑くなりにくいので
夏でも快適に調理が出来ます。
炎が出ないので、お年寄りや小さい子どもがいる家庭でも
安心して使うことが出来ます。(鍋や料理は熱くなりますから注意は
必要です。)
タイマー機能を使えば、長時間加熱する料理にも便利ですし
消し忘れの心配もありません。

~IHコンロなら操作も簡単でメンテも楽々~

タッチパネル式の操作ボタンや、火力表示が表面に配置されて
いますから、楽な姿勢で操作出来ます。
また、天板がフラットですから、さっと拭くだけでお手入れができて
日々のメンテナンスも楽々です。

暑い夏までに、コンロのリフォームをご検討ください。

LIXILリフォームネットのページはこちらです。

IHコンロ

まずはお気軽にご相談下さい。
あなたの素敵なお家造りを、私たち伊藤建設がお手伝いできれば幸せです。

もしかして「雨漏り」していませんか?
 ~素敵にリフォーム~

こんにちは、もうすぐ梅雨ですね、お元気ですか。
今日は「雨漏りの診断と修繕」のお話です。

~「雨漏り」していませんか?~

ポタポタと天井から水が落ちてくる。
天井や壁にシミができる。
こんな雨漏りなら見つけやすく、急いで対策や修繕ができますが
隠れた部分で雨漏りが発生していると、気付くのが遅れて被害が
大きくなってしまいます。

どこかでポタポタと水滴がしたたる音がしていないか
押し入れなど普段見ない部分の天井や壁に染みが出来ていないか
雨の後で室内がカビ臭くなっていないか
注意して観察すると意外なところで、雨漏りが見つかるかもしれません。

雨漏りは建物の内部を湿らせます。
放置すると建物に深刻なダメージを与え、劣化を早めますから
一刻も早い診断と修繕が必要です。

~どこで雨漏りするのか~

台風や強風、地震などで屋根瓦がずれたり、屋根の「棟」、
屋根同士が交わる「谷」の部分など雨漏りが起こりやすい部分です。
詰ったり壊れた「雨どい」から雨水が溢れて壁に染み込んだり
傷んだ外壁や窓周り、ベランダの破損や劣化などが原因になる
こともあります。
複雑な経路をたどって室内に現れる場合には、雨漏りしている場所の
真上が原因箇所とは限りませんし、複数箇所で同時に漏っていることも
あります。

~信頼出来る業者に依頼しましょう~

いろいろな原因で起こる雨漏りを素人が見つけるのは難しいのです。
そこで、診断を信頼出来るプロに依頼することをお勧めします。

雨漏りの診断で一般的に用いられる方法は「散水調査」です。
外からホースで水をかけて目視で調べます。
また、温度変化が見えるカメラで壁や天井を撮影して色の変化で
雨漏りしている場所を特定する「赤外線診断」もあります。

雨漏り

まずはお気軽にご相談下さい。
あなたの素敵なお家造りを、私たち伊藤建設がお手伝いできれば幸せです。

「令和」始動!!&GW休日ご案内

いよいよ本日より新年号「令和」がスタートしました!!
伊藤建設㈱は大正3年に伊藤組として創業し、おかげさまで
創業105周年を迎えました。
これも皆様の温かいご支援の賜と深く感謝申し上げると共に
新しい時代も今後一層精進致します。
今後共伊藤建設㈱をよろしくお願い致します。
さてGWは3日~6日のお休みを頂いております。
ご不便をおかけしますが、よろしくお願い致します。
20190404_122541