桧造りの家 詳細

ホッとできる「木のあるくらし」
木は、日本の住まいづくりに必要不可欠な材料。
例えば、壁や床、家具はもちろん、お庭に植え木に至るまで、木によって、私たちが日常で得られる効果はたくさんあります。
それらの特徴を活かす技術は、今も革新し続け住まいづくりに応用されています。

こちらのお家は
1F床面積 44.27坪
2F床面積 18.24坪
延べ床面積 62.49坪  の大きさです

EPSON MFP image

EPSON MFP image

将来の生活を気遣ったバリアフリー設計の快適な和風邸宅が完成しました。
ゆったりとした時間を過ごせるように、住まいには様々な工夫がされております。

・広く奥行きのある玄関には天然石を使用しました。

・交友関係の広いお父さんがお客様と親睦を深められる二間続きの和室。

・老後も自宅で無理なく生活したいという想いから廊下や広縁、会談はゆったり広々。

・農繁期には家族そろって田んぼで作業。その為、勝手口からバスルームまでのスムーズな動線を描きました。

・暗くなりがちな廊下に天窓を設置、優しい光が注ぎます。

・ほど良い光を注ぎ込み、風の通り道となってくれる高窓を朝日が差し込む階段、2F廊下、WCに取付けました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です