遮熱塗料のお話(1)
 夏の日差しを和らげる
 ~素敵にリフォーム~

こんにちは、暑い夏がやってきます、お元気ですか。
今日は「遮熱塗料のお話(1)」のお話です。

~少しの違いですが、効果的です~

照りつける夏の日差しで、室内の温度も上がります。
窓から入る日差しのほかに、屋根や壁などへの直射日光
建物自体の表面温度が高くなるのが、大きな原因です。
日差しにさらされる屋根の温度は、50~80度にもなります。

そこでお勧めするのが「遮熱塗料」です。
この塗料は、太陽光から暑くなる原因の「赤外線」を能率よく
反射しますから、表面温度の上昇を抑えることが出来ます。
天候によりで多少違いが出ますが、表面温度の上昇を
15~20度ほど減らすことができますから、室内温度を
2~3度下げられます
少なく感じるかもしれませんが、35度の室温を32度に
出来れば、体感温度としてはかなり涼しく感じますし
冷房にかかる電気代も抑えることができます。

冬場、寒くならないかなと心配されるかもしれませんが
もともと冬場の日射量は少ないので、問題になりません

e3f88c2d689bf5e81e644b07f36aa64f_s

まずはお気軽にご相談下さい。
あなたの素敵なお家造りを、私たち伊藤建設がお手伝いできれば幸せです。