Q64.床暖房の良し悪しは?
 ~お家カフェ~

Q64.床暖房の良し悪しは? 

A64.使用時間で評価がわかれます。

フローリングやタイルなどの床仕上げ材の下に電気ヒーターや温水パイプなど
熱源を設置して床全体を暖めるのが床暖房です。
15畳程度の部屋の場合、70万~100万円程度で設置でき、電気代は
エアコンより少し高い程度といわれてます。

メリットは、広い空間でも上下の温度差なく一定の穏やかな温度を保ち
空気の乾燥も少なく無音ですから、子どもや高齢者に優しい暖房器具です。
また、風が発生しませんから、埃がほとんど舞いません
電気式の場合は、ほとんどメンテナンスが必要なく、温水式の耐用年数は
30年と言われています。

デメリットは、温度の立上りが遅いので、入り切りを頻繁に行う場合には
向きませんが、エアコンと併用することでこの問題は解決できます。
温水式の場合は、不凍液の補充、交換やボイラー整備、交換が必要に
なります。
光熱費(電気代)については、太陽光発電を導入する方法もあります。

床暖房

 

logo-cafe[1]

みなさまの住まいづくりへの不安が少しでも解消され、幸せな未来の
お手伝いができればと考えております。
相談会にご興味ある方は弊社スタッフまでお気軽にお声かけください。