Q83.集中収納と分散収納とは?
 ~お家カフェ~

Q83.集中収納と分散収納とは? 

A83.行動パターンで使い分けよう。

~集中収納~

大きな収納スペースに、人が入って物を出し入れする収納方法です。
ウォークインクローゼット、シューズクローゼット、納戸
バンドリー(大型食糧庫)、収納付きユティリティなどがあります。
作りをシンプルにすれば、大型壁面収納より割安ですが
内部に通路が必要となり、居住スペースが少なくなります。

~分散収納~

それぞれの場所で使うものを、その場所に収納する方法です。
個室のクローゼット、トイレの戸棚、キッチンの食器棚
玄関の靴箱を壁面やカウンター下などに設置します。
扉を開けた時に見やすく、出し入れし易いように作りましょう。
物のサイズに合わせて奥行きを決め、開口部を広くとる
使い勝手が良いでしょう。
奥行きが深すぎると、奥の物が死蔵品になりがちです。

どちらが良いとは一概に言えません。
行動パターンに合せて適材適所で両方をうまく使い分けましょう

コーナークローゼット

 

logo-cafe[1]

みなさまの住まいづくりへの不安が少しでも解消され、幸せな未来の
お手伝いができればと考えております。
相談会にご興味ある方は弊社スタッフまでお気軽にお声かけください。