家の中での転倒防止は小さな対策から
 ~素敵にリフォーム~

こんにちは、段差を無くして安全に、お元気ですか。
今日は「家の中での転倒防止」のお話です。

~小さな段差が危ないのです~

高齢者の転倒事故の多くは、家の中で起こっています。
その原因は、部屋と廊下の境目やカーペットの縁など
わずか数センチの小さな段差です。
高齢者は筋力が弱くなり、すり足で歩くようになりますから
小さな段差に気が付かずにつまづいて転倒してしまいます。

このような小さな段差に「段差見切り材」を設置しておけば
転倒リスクを減らすことが出来ます。
厚みのあるカーペットや滑りやすいラグなどでも転倒することも
多いので、まくれ上がらないように工夫されたものや滑り止めの
付いたものを選びましょう。
カーペット用の段差見切り材などもありますから必要に応じて
活用しましょう。

~大きな段差にも対策を~

また、小さな段差だけでなく、大きな段差にも対策しておけば
より安心です。
玄関の段差がきついと感じるようなら、踏み台を置くことで
登り降りがスムーズになりますし、手すりを付ければより安全に
なります。
浴室の出入り口も段差か大きく、浴室の床は濡れて滑りやすく
危険です。
手すりを付けたり、段差の小さいユニットバスに交換するなどの
対策をすれば安心です。

~段差を解消して安全に~

段差を解消することが家の中での転倒を防ぐ第一歩です。
段差を見つけて、段差見切り材を設置することで、安全な
住いを目指しましょう。

LIXILのページはこちらです。

段差見切り材

まずはお気軽にご相談下さい。
あなたの素敵なお家造りを、私たち伊藤建設がお手伝いできれば幸せです。