梅雨前に雨どいの点検をしましょう
 ~素敵にリフォーム~

こんにちは、もうすぐ梅雨ですね、お元気ですか。
今日は「雨どいの点検」のお話です。

~雨どいが壊れていると~

雨どいは外壁に設置されていますから、常に雨、風、紫外線に
さらされながら、雨水を漏らすことなく地面に流しています。
そして、屋根から流れる雨水やゴミを受け止めていますから
傷みやすく、劣化しやすい部分です。

雨どいの割れ、変形、ゴミ詰りを放置すると、雨水の流れが
滞って雨漏りとなり、外壁だけでなく建物の土台を傷める原因
なります。

もうすぐ梅雨ですから、お天気の良い日に雨どいの状態を
確認してみることをお勧めします。
ただし、2階部分などの高い場所は転落の危険がありますから
専門業者に依頼して下さい。

~点検6項目~

点検は次の6項目です。
Ⅰ.雨どいの継ぎ目が外れていないか。
2.変形や破損はないか。
3.金具などが外れていないか。
4.雨どいに落ち葉などのゴミが詰まっていないか。
6.雨水が水漏れしていないか。

ゴミ詰りは掃除しましょう。
破損、変形、水漏れは専門業者に相談して、必要ならば
なるべく早く修理しましょう。

~雨どいの寿命は20年~

雨どいの寿命は20年くらいと言われています。
古い雨どいは見た目に問題がなくても、専門業者の
点検を受けて下さい。

雨どい

まずはお気軽にご相談下さい。
あなたの素敵なお家造りを、私たち伊藤建設がお手伝いできれば幸せです。