ふせごう熱中症
 ~熱中症の症状と応急処置~

こんにちは、熱中症は命の危険です、お元気ですか。
今日は「熱中症の症状と応急処置」のお話です。

~熱中症とは~

熱中症とは、暑くてジメジメ湿った環境に、私たちの体が
適応出来なくなったときに起こるいろいろな症状のことです。
熱中症は、季節に関係なく起こります。
ペットも熱中症になります。

次のような症状が出たら、熱中症になっていると考えて
対応しましょう。

~熱中症です~

1.めまいや顔のほてり

めまいや立ちくらみ、顔がほてり、一時的に意識が遠のいたり
腹痛になる場合もあります。

体温が上がると、体の熱を外に逃がして体温を下げるために
皮膚の血管が広がり、全身を流れる血液の量が減ります。
このため血圧が下がり、脳への血流が減るので
顔色が悪くなり、めまいや立ちくらみ、一時的な失神などの
症状が起こります。
呼吸回数が増え、脈は速く弱くなり、唇のしびれなども起こります。

2.筋肉痛や筋肉のけいれん

手足の筋肉がつるなどの症状(こむら返り)になったり
筋肉がピクピクと痙攣したり、硬くなることもあります。
これは水分補給で血液中の塩分濃度が下がることで
手足の筋肉の収縮が起こる熱痙攣です。

こまめな水分補給が大切ですが、水分だけを補給すると
熱中症による熱痙攣の原因になります。
汗をかきやすい状況のときは、スポーツドリンクや
食塩水(1リットルの水に1~2gの食塩を加える)で
水分と塩分の補給を行います。

3.体のだるさや吐き気

体に力が入らなくて、ぐったりしている。
吐き気やおう吐、頭痛などを伴うこともあります。

4.汗のかきかたがおかしい

拭いても拭いても汗がでる。
まったく汗がでない。
異常な汗の状態は、熱中症のサインです。

~すばやい応急処置を~

1.涼しい場所へ移動させましょう

ーラーの効いた屋内や車内で安静にさせます。
近くにそのような場所がない場合には、風通しの良い
日陰に移して安静にさせます。

2.衣服を脱がし、体を冷やして体温を下げましょう

衣服をゆるめて、体の熱を放出させます。
氷枕や保冷剤などで両側の首筋やわき、足の付け根などを
冷やします。
氷などが無い時は、皮膚に水をかけて、うちわや扇子などで
風を送って体を冷やすします。

3.塩分や水分を補給させましょう

水分と塩分を同時に補給できる、スポーツドリンクなどを
飲ませると良いでしょう。
おう吐の症状が出ていたり意識がない場合は、むりやり水分を
飲ませることはやめます。

「熱中症ゼロへ」のページはこちらです。

熱中症

熱中症を甘く見てはゼッタイだめ。
熱中症は命を失う危険な状態です。

様子を見て改善しないようなら、すみやかに医療機関を受診しましょう。